これで完璧!おさえておくべき初詣のお作法4つ

1月 2, 13 • お得情報No CommentsRead More »

これで完璧!おさえておくべき初詣のお作法4つ 1x1.trans 芸能ニュース 

年の初めといえば初詣。帰省シーズンでもあるお正月には、彼氏や夫、そして彼の親、親戚などと一緒に、神社へ初詣に出かける方も多いことでしょう。

そんなとき、参拝の作法を全然知らなかったら、ドン引きされてしまうかも。ちょっとしたことで、姑や彼ママに“非常識な人”と思われてしまったら損ですよね。

そもそも、正月早々、参拝の作法が違っていたら、サエない1年になってしまいそう。

そんな思いをしないため、初詣前に知っておきたいことを、神社事情に詳しいライターの久能木紀子さんにうかがいました。今回は、神社参拝作法のポイントを4つのシーンごとに紹介します。

 

■1:鳥居と参道で

やっている人は少ないですが、鳥居の前では一礼。参拝後、鳥居を出たときも同様です。参道は、右か左に少し寄りながら歩きます。“道”は霊の通り道であり、道の真ん中は“神霊の通る道”とされているので、“人間”は真ん中を少しよけます。

 

■2:手水舎で手と口をすすぐ

まず右手に柄杓を持って水を汲み、左手を洗います。次に、柄杓を持ち替えて右手を洗います。そして再び持ち替え、左手に受けた水で口をすすぎます。このとき、柄杓に直接口をつけるのはNG。そして、もう一度左手を洗い、最後に柄杓から水を少しこぼして、柄をすすぎます。

神社は聖域。“穢(けが)れ”を嫌うので本来なら禊(みそぎ)をすべきなのですが、そこまでできないので、代わりに手水舎で手と口をすすぐのです。

心身を清浄にしてこそ、神のエネルギーが分け与えられるとのこと。神社参拝で最も大切なポイントです。

 

■3:拝殿の前で二拝二拍手一拝

まずはお賽銭。お賽銭箱に入れるときの“音”は“祓(はら)え”になるそうです。ただし、あまり大きな音がしないように、できるだけお賽銭箱に近づき、そっと下から“チャリン”とかわいい音で投げ入れましょう。また、混んでいるからといって、遠くから投げ入れるのは「神様に失礼!」とのこと。

ちなみに、神様はお賽銭の額については気にしないそうなので、自分の気のすむ金額でOKだそうです。

鈴は、あまり騒がしくないように鳴らし、丁寧に二拝します。次の二拍手では、まず両手を合わせ、右手を左手より少し下にずらします。これは左手が“陽”=“霊”を表し、右手が“陰”=“体”を表すため。右手を下に引くことで“体”が“霊”を敬うことを表します。

そして手を打ち鳴らし、神様へのご挨拶やお願いごとをし、もう一度丁寧に一拝します。

 

■4:おみくじをひいたら

よいおみくじは持ち帰った方がよいですが、あまりよくないおみくじは、木に結んで帰ってかまいません。ただし、専用のおみくじ結び場を用意している神社では、そこのルールに従うのがよいでしょう。利き手と反対の手で結ぶと運が好転する、という説もあります。

詳細はコチラ→WooRi

 

 

これからお参りされる方は

ぜひ参考に☆(ゝω・)v

 

ドラマの感想ならドラマチャット!



関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">