具志堅用高 タレント転身への心得「過去の栄光なんて捨てなきゃ」

1月 25, 15 • 芸能No CommentsRead More »

具志堅用高 タレント転身への心得「過去の栄光なんて捨てなきゃ」

具志堅用高 タレント転身への心得「過去の栄光なんて捨てなきゃ」 1x1.trans 芸能ニュース 

プロボクサーとして世界王座13度防衛という未だ破られていない大記録を保持する具志堅用高。今を時めく松岡修造や武井壮など、アスリート出身タレントとしても先駆者的な存在だ。「ちょっちゅね~」の決め台詞で、タレント転身後も時に芸人を食うほどの強烈なインパクトを残す氏だが、ボクサー引退後のぽっかりと穴の空いた暗黒期も経験。そんな氏が、アスリート出身タレントの“心得”を真摯に明かしてくれた。

 

■(片岡)鶴太郎さんの番組に出てバラエティ番組にやり甲斐を見つけた

――今の若い方はもしかしたら、現役ボクサー時代の具志堅さんの凄さをご存知ないと思うんです。世界戦13度防衛は、未だ日本で破られてない記録ですからね。
【具志堅】いや~遠い昔のことですよ。引退してもう33年になるのか~(遠い目)。

――ボクシングを引退されてタレントに転身した具志堅さんですけど、そのきっかけってなんだったんですか?
【具志堅用高】やっぱり出会いですよね。当時、ボクシングを引退して人生が180度変わってしまってね。凄く寂しかったんですよ……。おかしいよね、あれだけボクシングから逃げ出したかったのに、やっと自由を手に入れられたのね。

――それまでボクシング1本で生きてきましたからね……。
【具志堅】で、いざボクシングを辞めたら自分の中に何もなくてさ。だから、ふさぎこんじゃってね~。4、5年は暗かったような気がする。

――今の具志堅さんからは想像できないですよ。
【具志堅】その時に、モノマネしてくれた鶴太郎さんの番組に呼ばれて、自分でも「無理にでも明るくしていこう!!」って決めて。そこからは凄く気持ちが楽になりましたね。

――では、鶴太郎さんとの出会いというのが、具志堅さんの中でも転機となったんですね。
【具志堅】そうですね。番組に出演して、凄く楽しかったんです。そこから僕の中でバラエティ番組に対する気持ちが強くなっていった。やり甲斐を見つけたというかね。

■タレントとして生きていくことを決めて、ボクサーとしての栄光は捨てた

――でも、いきなりタレントになっても場の雰囲気や空気感はやっぱり慣れなかったんじゃないですか?
【具志堅】そうですね。最初は戸惑いもありましたよ。年齢も僕より若い方ばかりだったし、性格とかも分からないから「変なこと言って怒らせないかな?」とか考えたり。その時はボクシングの話をしたくなかったんです。タレントとして生きてくなら、ボクサーとしてのキャリアを捨てなきゃって。

――具志堅さんほどのボクサーとしての勲章があれば、ボクサー具志堅用高としても生きて行けたのに、それを捨ててバラエティ番組でイジられ役に徹した。権威にしがみ付きたいのが人間の常なのに。
【具志堅】これは現役時代の頃もそうだったんだけど、何事も切り替えが出来るか、出来ないか? なんですよ。

――なるほど。そこで切り替えられたから今の具志堅さんがあるんですね。
【具志堅】うん。毎日調子が良い人なんていないでしょ? 今日調子が悪くても、気持ちを切り替えられれば、明日はきっと気持ちが晴れてるはずだからさ。自分自身、ボクシングを辞めた直後は孤独を引きずっていたからね。強い面も弱い面も両方見せられる人でいたいなって。

■イジられても辛抱! そこで熱くなったら終わりですから

――これはプロの芸人さんの優しさなんでしょうけど、テレビでは時にイジられるということで、小馬鹿にされているような印象を与えてしまう時もあったと思うんです。
【具志堅】やっぱりね、そういうのは辛抱なんですよ。そこで自分が熱くなったりしちゃったらそこで終わりなんですよ。ボクサーの性格なんて先輩後輩含めて大勢見てきてるでしょ? やっぱり辛抱しなくちゃって思うんですよ。

――ボクシングでは頂点を極められて、アスリート出身のタレントさんとしても先駆者に近い方ですよね。やはり、タレントとしても頂点を極めたという実感もあるんじゃないですか?
【具志堅】そんなのないよ~(笑)。僕はね、芸能界の中では、真ん中くらいにいたいな。チャンピオンという言葉はボクシングで手に入れたからね。タレントとしては真ん中くらいにいる方が周りも良く見えるし、いいんじゃないかなって。

――ちょっと一歩引いた目で見れると。確かに真ん中くらいにいて、誰もが知っている身近な存在が具志堅さんの魅力ですし、だからこそLINEスタンプにもなるんですよね(笑)。でも、アスリート出身のタレントさんとしての功績はホントに凄いですよ。
【具志堅】いやいや。ただ、与えられたことをしっかりやる! ということなんですよ。その中でも全てが良いというワケではないんでね。「あぁ~あそこで『ちょっちゅね~』ってなんで言わなかったんだろう」とかね(笑)。

――今でも日々反省だと(笑)。
【具志堅】うん。でも、過去は戻らないからね! すぐに切り替えられるかなんですよ。

――でも、どこから笑いのパンチが飛んでくるか分からない予測不可能な具志堅さんの言動は、芸人さんにとっては脅威ですよ。
【具志堅】ボクシングの場合はジャブとかアッパーと自然と打てるんですけど、テレビの場合だとなかなか「ちょっちゅね~」って言えないんですよ。まぁ勇気も必要になってくるんですけど、僕には勇気がないんですよ!! 勇気と根性がない(笑)。

【一同爆笑】

【具志堅】今年の目標はそこだよね。勇気と根性をつけるぞ!!

オリコン

 

今では具志堅さんの栄光を知る人は少ない?

具志堅用高 タレント転身への心得「過去の栄光なんて捨てなきゃ」 1x1.trans 芸能ニュース 

具志堅用高 タレント転身への心得「過去の栄光なんて捨てなきゃ」 1x1.trans 芸能ニュース 

 

ネットの反応(2ch/2ちゃんねる・twitter)

・当人が割り切っているのなら良いけど、現役時代は本当に強くて・・・今のような小馬鹿に出来るような人じゃ無いんだけどね。

神と崇めている人もいるくらいよね!

 

・あれほどの実績を残した人が言うんなら、重みがあるってもんだ。

 

・ボクサー時代とのギャップが、タレントとしていい感じになっているのでは

 

・若い人の多くは、元ボクサーのおもしろいおじさんくらいにしか思ってないだろうけど、
この人、前人未踏の防衛記録を持つ偉大なチャンプだったんだぜ。
今の姿からは信じられないくらいに攻撃的でクレバーで、バランスのとれたボクシングをしていた。

伝説級!

 

・知識として知ってたけど香川照之が金スマで神様のように接してて
この人ほんとに凄かったんだなと思った

 

・修造もそうだけど、現役を忘れられてるほうが面白いんだよな
むしろ現役を吹き飛ばすくらいのパワーが今出てるってことかな

業界が違えば切り替えは大事だよね。

 

・この人の現役時代は強かったなー。
今は今で笑わせてくれるなー、芸人より面白い。

ちょっちゅね~

 

・天然な人だと思ってたけど(まあ天然ではあるだろうが)色々考えててびっくりした

 

・強い人が弱い人に見られる事に平気って、やっぱり強いからなんじゃないの?
気持ちの切り替えが身に付いているのでしょうね。

頑固な人ほど心が弱かったりするね

 

一度、バラエティー番組で過去の栄光含めた特番やればいいのにね☆(ゝω・)v

ドラマの感想ならドラマチャット!



関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">