やしきたかじん遺言本「殉愛」32歳下の妻語る

11月 7, 14 • 芸能No CommentsRead More »

やしきたかじん遺言本「殉愛」32歳下の妻語る

 やしきたかじん遺言本「殉愛」32歳下の妻語る 1x1.trans 芸能ニュース 

今年1月3日に死去した歌手・やしきたかじん(本名・家鋪隆仁)さん(享年64歳)の壮絶な最期をつづったノンフィクション「殉愛(じゅんあい)」が7日に幻冬舎から出版される。「永遠の0」などの作家・百田尚樹氏(58)が、たかじんさんが残した膨大なメモや、妻の家鋪さくらさん(33)の日記、証言をもとに執筆。これまで明かされていなかったさくらさんの素顔やツーショット写真を初公開。2年間の2人の極限の愛や、遺言などが赤裸々につづられている。

ベールに包まれていた「関西の視聴率王」と“最後の妻”の2年間が、400ページを超える長編ノンフィクションとして明らかにされた。

同書によると、たかじんさんは、11年12月に当時イタリアでネイルサロンを経営していたさくらさんと「フェイスブック」を通じて知り合い、翌年1月にはいきなり「最後の女に決めました」とプロポーズ。交際を断るつもりだったさくらさんは、その直後にたかじんさんに食道がんが見つかったため「一緒に闘うなら、お婿さんにしてあげる」と覚悟を決めた。

闘病生活は壮絶なものだった。12年4月9日に、がんの摘出手術を受けたが、縫合箇所不全で膿(うみ)が肺を圧迫したため同19日に再手術。体に何本もチューブが刺さったままのたかじんさんは、痛み止めの影響でせん妄状態(意識混濁や幻覚を見る症状)が続いた。また手術への恐怖や痛み、嘔吐(おうと)に苦しむたかじんさんを24時間付きっきりで看病したさくらさんは、突発性難聴に見舞われ左耳の聴力を失った。

さくらさんに周囲も驚くほどの愛情を注いでいたたかじんさんだが、浮気を繰り返していたことも。それでも2人の愛は揺るがず、13年10月に婚姻届を提出。亡くなる8日前には病院内の教会で愛を誓い合った。「さくらと、しといたらよかった」と一度も性的な関係を結ばなかったことを後悔する姿や「まだ死ぬんは嫌や もう会えんくなる」という死の直前のメモ、亡くなる前日の「アイラブユー」という最後の言葉が紹介されている。

たかじんさんは“メモ魔”で、闘病生活中だけでも、数十冊のノート、メモ帳を残していた。さくらさんは「皆様の心に、これからも生かし続けてほしい」との思いで出版を決意。「本を出すなら、百田に助けてもらう」というメモをもとに今年3月の「偲ぶ会」で百田氏に接触した。生前のたかじんさんとはほとんど面識がなかった百田氏だが、心を動かされ、ほかの予定をずらして執筆を決意。友人や番組関係者、安倍晋三首相、橋下徹大阪市長らにも取材。「こんな物語はこれまで見たことも聞いたこともない。凄絶(せいぜつ)で清冽(せいれつ)な愛の物語をひとりでも多くの人に知ってもらいたい」と、約半年間かけて書き上げた。

さくらさんは「懸命に闘い抜いた真実の姿を、一人でも多くの方に知っていただけたら…。そして、同じような病気と闘っていらっしゃる方に、少しでも勇気を持っていただけたらうれしく思います」と話している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141106-00000327-sph-ent

 

 

 

 

 

ネットの反応(2ch/2ちゃんねる・twitter)

・知りたい気持ちもあるけど、この本は出さないほうがいいと思う

 

・たかじんさんは好きだったけど、これはなんか胡散臭い感じがする・・

 

・死ぬ可能性の高い人と結婚を決めた。こりゃ財産目当てと言われても仕方ない。

 

・加藤茶さんも大丈夫かね~?

 

・普通遺産目当てともとれる。
もしくは契約結婚。
悪いけど、お二人に同情はできないかな?

 

・たかじんならありそうな話だけど公表する意味がわからない
しかもほとんど交流のなかった人が書くかね・・・

 

死人に口なし……うう……o(;△;)o

ドラマの感想ならドラマチャット!



関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">