小室哲哉へ歌った、妻KEIKOの電話口の歌声

11月 5, 14 • 芸能No CommentsRead More »

小室哲哉へ歌った、妻KEIKOの電話口の歌声

小室哲哉へ歌った、妻KEIKOの電話口の歌声 1x1.trans 芸能ニュース 

音楽プロデューサーの小室哲哉(55)が4日、自身のツイッターを更新。2011年、くも膜下出血に倒れ、療養中の妻でglobeのKEIKO(42)が歌声を響かせたことを明らかにした。

「KEIKOさんが電話で『IS THIS LOVE?』を歌った。かるーくだけどね。LINE電話だから、なかなかの声質でした」

浜崎あゆみ(36)にも同名の曲があるが、globeの6枚目のシングル「Is this love」(1996年)とみられる。

今年9月8日には「(KEIKOは)明日、来週のこと、来月のことを考えるのはすごく疲れるらしく、夢とか目標とかは言及に気を付けています」と“目標”という言葉は“禁句”としながらも、同28日には「桂子さんには頑張ってレコーディングだけでも、来年はもう一度挑戦してもらいたいです」と“復帰”を期待。

「とにかく基本よいメロディー、よい歌詞、よい音を用意して」と最良の“新曲”を準備するプランを明らかにしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141104-00000118-spnannex-ent

 

 

 

 

ネットの反応(2ch/2ちゃんねる・twitter)

・もうゆっくり休んだほうが良いのでは?
小室さんががんばって養ってほしい

 

・どうしても後遺症が残ってしまいそうだね。

 

・レコーディングできるようになるまで、難しいと感じるけど・・・
やっぱり脳梗塞の後遺症はね・・・人それぞれだけど。

 

・KEIKOと一緒になってからの小室さんは人間味があって好きです。
頑張ってほしい。

 

・逆に、重症なのだと感じてしまった。
お大事に…。

 

・小室さんのことはあまり好きではなかったが、病に倒れた奥さんへの献身ぶりにちょっと好感が持てるようになってきた。
頑張ってください。

 

夫婦揃っての曲が聴ける日を楽しみにしてるっ☆(ゝω・)v

ドラマの感想ならドラマチャット!



関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">