2012年、東原亜希のデスブログの精度がアップ!?

12月 28, 12 • 芸能No CommentsRead More »

2012年、東原亜希のデスブログの精度がアップ!? 1x1.trans 芸能ニュース 

かつて大ヒットしたマンガ『デスノート』(集英社)は、名前を書かれたら死ぬというノートが物語のキーになっている。これはもちろんマンガの中の話なのだが、数年前から、そのデスノートが現実にあるとネットユーザーのあいだで話題になっている。その的中率の高さから、「もうこれは間違いない」「デスノートのようなものだ」と信じている人もいるほど。

それが、タレント・東原亜希のオフィシャルブログ「HIGASHIHARADESUGA?」、通称「デスブログ」だ。彼女のブログに登場した人物や商品、地域は、まるで『デスノート』に名前を書かれたように、次々と不幸が降りかかるという、信じられない偶然が起きている。たとえば、ブログで「うまい棒」について書くと、うまい棒工場が火災になったり、韓国を訪問すると韓国ウォンが暴落したり、マイケルジャクソンについて触れると、死亡のニュースが世界を駆け巡ったりと、その伝説は数えられないほどである。

■「デスブログ」の効果はただの偶然か?

「デスブログ」と恐れられる彼女のブログ。ただ、その更新頻度は、2012年だけを見ると月平均80記事近く。下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるということで、冷静に考えると、これだけ記事を書けば、それは不幸が起きてしまったものに言及していても不思議ではない、ということに落ち着く。

実際に「デスブログ」の効力があるのは、数カ月から1年後ともいわれていて、一部ネットユーザーの間でも「ただのこじつけでは?」との声も上がっている。ネットで「デスブログ」を話題に上げる時も、掲載年月日はあまり記載していないことが通例だ。やはり、数カ月遅れた記事であるということを意識してしまうと、「ただの偶然」と思ってしまって、センセーショナルではないからだろう。

ただ、2012年の「デスブログ」はひと味違っていた。

詳しくはコチラ→Peachy

 

2chの反応↓

・あーあ、この記者呪いで死ぬな

・こんな記事書いて金もらえるとかいい商売だなw

・別に面白いネタとしてはいいけど
伊勢かどっかの神社のことブログで書いたら
樹齢400年のご神木が倒れたってのでちょっとビビった

デスブログ東原亜希のまとめ – NAVER まとめ

・東原ブログは連日化粧品ステマの嵐 節操なさ杉w

・「化粧品いただきましたー だからステマじゃない、セーフだ」

・本人もアクセス増えてあざーすって思ってるらしいから別にいいだろ

・東原が小泉孝太郎と上地の幼馴染ってマジ?
上地が孝太郎と仲いいのは知ってたけど

 

こじつけすぎじゃ・・・

なんてとっくにフォロー出来ないレベルですね、怖い。

☆(ゝω・)v

 

ドラマの感想ならドラマチャット!



関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">