あまちゃんだけ!?能年玲奈のこれからの活躍は…

8月 18, 14 • 芸能No CommentsRead More »

能年玲奈、『あまちゃん』後“空白の時間”を明かす

あまちゃんだけ!?能年玲奈のこれからの活躍は… 1x1.trans 芸能ニュース 

NHK連続テレビ小説『あまちゃん』で国民的ヒロインとなった能年玲奈。同作で共演した有村架純や福士蒼汰がその後、ドラマや映画、CMなどに途切れる間もなく立て続けに出演し、すっかり今年の顔になっているのとは対照的に、これまで作品出演は控え、メディア露出もほぼ抑えてきた。そんな“空白の時間”を経た能年の待望久しかった次の主演作『ホットロード』が公開された。

『あまちゃん』後の女優業から離れた期間。それは、『カルピスウォーター』CMキャラクターや、映画『カラスの親指』『グッモーエビアン!』出演など、エンターテインメントシーンを駆け抜けてきた能年にとって、それまでの生活、仕事環境が一変することになり、必ずしも本意ではなかったのかもしれない。しかし、女優として次なるステージへ向かうためには、あまりにも大きな天野アキの定着したイメージから抜け出すための時間、そして戦略が必要だったのだろう。その間の生活を聞いてみると、芝居からは離れて新しいことに挑戦していたようだ。

「服を引っ張り出してテーマを決めて写真を撮ったり、新しいことをしようと絵とか創作したりしていました。(新しいこととしては)ミシンで洋服も作っています。小泉(今日子)さんがミシンをプレゼントしてくださって。ワンピースとかスカートを型紙なしで自分で作ります」

本人にとっては、作品から離れることへの不安も少なからずあったようだが、ニュートラルな状態に身を置く期間は、精神的な成長のためのよい充電の時間になっていたようだ。ポジティブなオーラを放ちながら楽しそうに話す様子からは、今の自身への溢れる自信が感じられる。

そんな能年の『あまちゃん』後の初となる作品は、主演映画『ホットロード』。国民的ヒロインの次の役柄に向き合うためには、気持ちの切り替えも必要だった。そして、そこには静かな熱い想いを込めていた。

「(『あまちゃん』から)期間が空いてからの撮影だったので、疲れはとれていたし。私がこの役をやる意味が出ないとダメだと思ったので、そこの部分はがんばりたいなと思っていました」

『あまちゃん』を終え『ホットロード』の撮影を経たいま、女優としての自身の成長を聞くと、しっかりと考えてから答えてくれた。

「踏ん張れるようになったかな。私だと認識してもらえる演技を、この役で軸をブラさずにやるのがすごく難しかったので。ヘニャッとなりそうなときがあったんです。冒頭の万引きをした後のシーンとか、家で何も食べずにじっとしているところからワッとなっちゃうシーンとか。でも何とか踏ん張って、ブレないところでやれたと思います」

大ヒットした朝ドラ後の初主演作。否が応でもその作品の興行成績はこれから注目されることだろう。しかし、今まさに成長中の能年にとっては、それがどういう結果を迎えようとも、それもひとつの糧となり、さらなる躍進を遂げるに違いない。12月にはもう1作の主演映画『海月姫』も公開されるが、その頃の姿を今から楽しみにさせてくれる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140813-00000319-oric-ent

 

 

 

ネットの反応(2ch/2ちゃんねる・twitter)

・あまちゃんで共演した若手女優たちは
みんな活躍中。能年ちゃんは余裕の
ゆっくりスタート。どんなキャリアを
積んで行くのか注目。

 

・化けるか潰れるか、のどっちかだと思うな。

 

・最近バラエティ出まくって、急激にバッシング増えてるね。キャラねつ造とか、天然だったらそれはそれでうざい、きもいなど。確かに、あんなにしゃべれないのにバラエティ出まくってたらイライラする人も増えるだろうし、共演者でも辟易している人も多いんじゃないか。完全に事務所のバラエティ戦略が裏目に出てるよ。

 

・まぁホットロードはこけるよ。

 

・世にも奇妙な物語やスライムの被り物はキャラを活かしたいい起用だったと思う。

 

・キルビル後の栗山千明を思い出す。キャリアに傷をつけないよう事務所が慎重に作品を選びすぎると、固定ファンのいない浮世離れした女優になってしまう。

 

実はあまちゃんをちゃんと見てないのでよく知らない・・・☆(ゝω・)v

ドラマの感想ならドラマチャット!



関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">