木村拓哉が腕時計を右腕にはめる理由…「右腕の時計は平和の象徴」

9月 15, 13 • 芸能No CommentsRead More »

木村拓哉が腕時計を右腕にはめる理由…「右腕の時計は平和の象徴」

木村拓哉が腕時計を右腕にはめる理由…「右腕の時計は平和の象徴」 1x1.trans 芸能ニュース 

木村拓哉は普段、腕時計を右腕にはめているらしい。彼はラジオ番組でファンからその件について問われると、逆に「なんで疑問に思うんですか?」と質問を返していた。彼が腕時計を右手にするのはそれなりの理由があるからだ。

9月13日放送のラジオ番組『木村拓哉のWhat’s UP SMAP!』(TOKYO FM)でリスナーから「なぜ時計を右腕に付けているのですか?」という質問が寄せられた。
木村拓哉のファンだけにそこまで細かく観察しているのだろうが、木村自身は「今も右ですが、なんで疑問に思うんですか?」と返しており、その質問に納得できないものがあったようだ。

彼は世間一般では左腕にはめる人が多い中で、右腕に付けている理由を語った。「右腕の時計は平和の象徴らしい」というのだ。

スナイパー(狙撃手)がライフルを構える時に、左手首の内側に腕時計をすれば時間を確認しながら、引きがねにかけた右手の指をはずすことなく撃つことができる。
しかし右手に腕時計をした場合は一度、引きがねから指を外して確認する必要があるのだ。
つまり、銃を撃つことを思いとどまる時間が与えられるということだろう。

木村は以前から右腕に腕時計をしていたが、そのスナイパーのたとえを知って、さらに意識して右腕にはめているそうだ。ただし「ドラマとかは一般常識にあわせて左にするけど」というから、役者として出演している時の彼は左に付けているらしい。

左腕に腕時計をはめる理由としては「アナログ時計の場合は右側にリュウズがあるので、右手で時刻を合わせやすいようにするため」との説がある。逆に右にはめる場合は「利き腕なので動きが多く、人に知られず時間を確認しやすい」点がメリットだともいう。

木村拓哉の主張する「平和の象徴」という理由は聞いたことが無いが、右腕にはめても支障がないならば「平和」を意識する方法として良さそうだ。(了)
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

ソース:Techinsight Japan
http://japan.techinsight.jp/2013/09/kimuratakuya-tokeimigite-fm20130913.html

 

ネットの反応(2ch/2ちゃんねる・twitter)

・かっこいいと思って言ってるんだろ
痛いオッサンだよな

・さすがやで。キムにい

・他人と違う俺にうっとり

・俺も右手にしてるけどスナイパーの話なんて知ったら赤面して逆につけるわ

・いつまで厨二病なんだよ

・キムタクは嫌いじゃないけど、こういうとこが薄っぺらくてダサイよな。

・俺なんか両腕に時計をつけて
意味なく空港ロビーを歩くけどね

本田△☆(ゝω・)v

・右利きの人は右腕にハメちゃいけないって誰が決めたん?

・40才超えてるんだろ?かっこいいオッサンだわ。
でも未だにアイドルって、歳考えると恥ずかしくもあるな

( ´_ゝ`)男はやっぱ両腕でしょ

ドラマの感想ならドラマチャット!



関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">