「ラスト・シンデレラ」最終回視聴率17.8%!!!三浦春馬が女にバカ受け

6月 21, 13 • テレビ, 芸能No CommentsRead More »

「ラスト・シンデレラ」最終回視聴率17.8%!!!三浦春馬が女にバカ受け

「ラスト・シンデレラ」最終回視聴率17.8%!!!三浦春馬が女にバカ受け  1x1.trans 芸能ニュース 

篠原涼子(39)主演のフジテレビ系連続ドラマ「ラスト・シンデレラ」(木曜後10・00)の最終回が20日に放送され、平均視聴率が17・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが21日、分かった。最終回は15分拡大で放送された。

瞬間最高は午後10時56分、57分、59分の3分間で、20・9%だった。自分の気持ちに気付いた桜(篠原)が凛太郎(藤木直人・40)に一緒にニューヨークに行けないと告げ、広斗(三浦春馬・23)のもとに駆けつけたクライマックスのシーンだった。

最終回は前回の16・1%から1・7ポイントの急上昇で、これまでの最高を更新。4月クールのドラマの中では、初回22・6%を記録した福山雅治(44)主演の同局の人気ドラマ「ガリレオ」(月曜後9・00)に次ぐ2番目の数字となった(21日現在)。

初回(4月11日)13・3%の後、第2話14・4%、第3話14・4%、第4話14・5%、第5話14・9%、第6話15・0%、第7話15・7%と、初回から一度も数字を落とすことなく、7話まで視聴率がアップしていた同作。これは視聴率がデータ化された1989年以降、民放の連続ドラマで史上初の快挙だった。第8話で14・8%と一度は落としたものの、その後は第9話15・9%、第10話16・1%と再びアップを続け、クライマックスを迎えた最終回で最高を記録した。

これにより、全11話の平均も15・2%となり、全話平均でも最後に15%を超えた。今クールで全話平均で15%を超えているのは「ガリレオ」と「ラスト・シンデレラ」のみ。

仕事ひとすじで正義感にあふれるが、恋には臆病という彼氏いない歴10年のヒロイン・桜が年下の男性・広斗との出会いをきっかけに、恋に仕事に奮闘する姿を描いたラブコメディー。ちょっとエッチな描写が話題を集め、ネット視聴率もトップとなっていた(日本ブランド戦略研究所調べ)。篠原は「黄金の豚―会計検査庁 特別調査課―」(日本テレビ、2010年)以来、約2年ぶりの連続ドラマ主演だった。

共演には、桜がパーティーで知り合い、惹かれていく年下の男を演じた三浦、桜の同僚で気の置けない友人・凛太郎を演じた藤木のほか、大塚寧々(45)、飯島直子(45)、菜々緒(24)、お笑いコンビ「ココリコ」遠藤章造(41)ら。

スポニチ

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/06/21/kiji/K20130621006056160.html

 

 

ネットユーザーの反応↓

・高ェ(;´Д`)

・フジじゃなければ、20は行ってた。
フジってだけで、3~5パーセントは損してる。

・篠原のドラマは本当に数字取るなぁ

・ラストがロンバケそっくりだった
個人的には藤木のほうがいいと思った

エッチがどうのって煽ってたけど
身体はってたの飯島直子だけだった

・俺の周りは女がみんなこれの話してる
男は誰も見てない

ミーハーのひとりでした☆(ゝω・)v

ドラマの感想ならドラマチャット!



関連記事


Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">