福山雅治の生い立ち! 結婚しない理由は家族にあった・・・

5月 26, 13 • 芸能6 CommentsRead More »

福山雅治の生い立ち! 結婚しない理由は家族にあった・・・

福山雅治の生い立ち! 結婚しない理由は家族にあった・・・ 1x1.trans 芸能ニュース 

 

第66回カンヌ国際映画祭の最高賞を競うコンペティション部門に出品されている「そして父になる」が高評価をされ、福山雅治(44)がまさかの男泣きをしました。
実は、この作品(映画)「そして父になる」は、福山が家族のことを思い出したのでしょう。
福山が家族のことを好きになれなかった理由と、結婚をしない(できない)理由が書かれています!
福山ファンには必見!

以下引用
愛しさ、厄介さ、心の奥底に横たわる残酷な感情。
それはずっと変わらないと思っていたのに、歳月とともに確実に変わる。
ふと口にした約束は果たされず、小さな胸騒ぎは見過ごされる。
人生は、いつもちょっとだけ間に合わない。
だから後悔をする。
後悔・・・それはそこに愛があった証。
だから後悔することはいいことなんだ。
そして父になるでは、家族への思いが、こんな具合に描かれてきた。

何気ない家族の日常とともに、家族ひとりひとりの心の動きが丁寧に重ねられていく。
この作品を見た人は、自分の家族を思い出し、胸をしめつけられる。
そして父になるはこのような映画だ。

そして、この映画がカンヌ国際映画祭のコンペディション部門に選出され、最高賞であるパルムードル獲得予想オッズで5倍の1位となっているのだ。
日本の作品では97年に「うなぎ」が受賞している。
この映画の主演を務めているのが福山だ。

福山は家族に対していい印象がなかったと言っていることがあった。
ふたり兄弟の次男として長崎県に生まれる。
父は賭博好きでほとんど家に帰らず、家計を支えたのはパート勤めの母だった。
月に20万にも満たない収入で、家族旅行も外食も買い物の記憶もない。
父はたまに帰ってきては酔っぱらっているようなだらしない父だったそうです。

そんな父が福山が17歳の時に高いし、葬儀にやってきたのは父の麻雀仲間ばかりだった。
小指のない父の友人達は泣きながら、棺桶の中に麻雀牌を並べていた。
そんな父を憎むことはなかったというものの、「こういう家族はいいなという実例はそばになかった」と振り返ったこともある。

地元の工業高校を卒業し、市内の電機メーカーの営業職に就職するも、わずか5ヶ月で上京をする。
「地元の友人や母にはミュージシャンになるために上京すると言っていたようですが、本当はそれより家族に縛られて生きたくないという思いが強かったんです。社会人なのに、帰りが遅かったり、女の子が言えに遊びにくるといろいろ理由を聞かれ怒られたりする。そんな生活が息苦しかったようです」
当時のことを振り返り、福山は家族は好きじゃなかったと言っている。

福山は44歳で独身だ。
結婚しない理由についてはこのように答えている。
「結婚が遅いのは、おそらく自分の中に、家族というものに対して、いい印象がなかったからでしょうね」
しかし、過去にラジオで、「来年40歳になる。40までに結婚をする」と宣言したこともあった。
しかし、いざ結婚のことを考えると、過去のトラウマから思考がストップしてしまっていたのだ。

記事元
女性セブン(一部編集)

 

ネットユーザーの反応↓

・そんな過去が

・既婚者が幸せそうじゃないからっていうのは前言ってたな

・結婚してください
俺男だけど

父になるのでしょうか・・・( ´_ゝ`)

ドラマの感想ならドラマチャット!



関連記事


Tags:

6 Responses to 福山雅治の生い立ち! 結婚しない理由は家族にあった・・・

  1. 通りすがり より:

    そんな父が福山が17歳の時に高いし、葬儀にやってきたのは父の麻雀仲間ばかりだった。
    高い×→他界○

  2. 通りすがり より:

    女の子が言えに遊びにくる
    言え×→家○

  3. 匿名 より:

    誤変換が、、
    記事書いてる人無理しないでね。

  4. 匿名2より。 より:

    記事書く前に漢字を見直してみたらいいと思う。それしないの?基本の基本ですよ?

  5. 匿名 より:

    福山さん結婚しちゃったんだよね。自分は興味ないからどうでもいいけど幸せになると良いね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">