エンタの神様出演芸人のwikipedia恥ずかしすぎワロタwwwwwwwww

4月 15, 13 • テレビ, 未分類, 芸能No CommentsRead More »

エンタの神様出演芸人のwikipedia恥ずかしすぎワロタwwwwwwwww

エンタの神様出演芸人のwikipedia恥ずかしすぎワロタwwwwwwwww 1x1.trans 芸能ニュース 

1.まず体験談などを話す、小ネタをやって見せたりするなどの前振りを行う。

2.途中で言葉を間違えたり先にオチを言ってしまったりといった失敗に気付き「あー、下手こいたー!」と落ち込んで床にひざまづき頭を垂れる。

3.すかさずBGMが流れだし、リズムにあわせて尻を高く突き上げたあと勢いよく立ち上がる。そして軽快な音楽に合わせてネタを始める。最初は「ウィー!」「ホラホラホラホラ!」、あるいは両肩を揺らしながら「揺れてるよー!」などから始まる。
尺が短い場合はBGMを流しながら登場して、ネタを始めることもある。

4.先の失敗を受けて「ア、ソレ、ア、ソレ、ア、ソレソレソレソレ、○○○、(だけども だっけぇど)、×××、でもそんなの関係ねぇ! あー そんなの関係ねぇ! あー そんなの関係ねぇ!」と利き腕の左腕を、こぶしを握り締め振り下げる。
「だけども だっけぇど」の部分は省略することもある。

5.その後続けて白目をむきながら左腕と右脚を斜めに伸ばして“イ”に似たポーズを取り、「はい(セイ(say))!おっぱっぴー」と叫ぶ。

6.「チントンシャンテントン、チントンシャンテントン」と唱えながら軽妙な踊りを見せる。

(wikipediaより引用)

 

 

ネットユーザーの反応↓

・ファンタ吹いた

・軽妙な踊りワロタ

・小島よしお乙

・小梅太夫↓

着物、白塗り、ゴム製かつらという姿で、女声を模した奇矯な裏声で「チッキショー」などと喚き散らすというキャラクタースタイルを基本とする。
「わたくし、狂い咲き小梅太夫と申します。徒然なるままに書き散らした『コウメ日記』、お聴き下され~」の口上で始まる。
ネタ冒頭では中村美津子の「島田のブンブン」のイントロが使われているが、曲として掛る部分は前半で、小梅太夫が「チャンチャカチャンチャンチャチャンチャン チャンチャカチャンチャンチャチャンチャン」と口ずさむ部分は後半の歌い出しまでの部分である。
リズム系のネタではあるが、肝心のリズムが半ば放棄されている。

>最後の一言wwww

・ギター侍↓

・着流し姿でギターを構え「拙者、ギター侍じゃ…」と、ギターを弾き始める。『エンタの神様』では「切ったオイラが悪いのか、切られたオメエが悪いのか…」というナレーションを風の効果音と共に最初に流していた。
・ギターの節(主にAm、Am7の繰り返し)に合わせ
「私(他の一人称も含む)○○○○(有名人の名前、一般人の場合はシチュエーションの説明)、 △△△△△…って、言うじゃなーい?」
「でもアンタ、××××ですから! 残念!! ★★★★斬り!!」
・ラストに自虐ネタを入れて終わる
「拙者、◇◇◇◇ですから…」「切腹!!」

>主にAm、Am7の繰り返し
ワロタwww

・もうやめてやれよ…

これはキツイ☆(ゝω・)v

 

ドラマの感想ならドラマチャット!



関連記事


Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">