剛力彩芽「黒執事」で男装の少女に!水嶋ヒロの“主人”役!

4月 6, 13 • テレビ, 芸能No CommentsRead More »

剛力彩芽「黒執事」で男装の少女に!水嶋ヒロの“主人”役…監督は男装姿の剛力に思わず息をのんだ

剛力彩芽「黒執事」で男装の少女に!水嶋ヒロの“主人”役! 1x1.trans 芸能ニュース 

女優の剛力彩芽が、水嶋ヒロの3年ぶりとなる俳優復帰作「黒執事」(大谷健太郎監督、さとうけいいち監督)に出演していることがわかった。
剛力が演じる幻蜂汐璃(げんぽうしおり)は、原作をベースにしたオリジナルキャラクターで、女性としての人生を捨てた男装の少女という役どころだ。

剛力は、今作への出演について「とても緊張しています。今回の役どころは男装した女性ということで、いろんな役作りを考えている」という。
また、「原作と内容が違う分、たくさんの意見があるかもしれませんが、実写化することでより人間の感情というものを出していけたらと思います」とコメントを寄せている。

水嶋扮するセバスチャンの“主人”である汐璃は、男装して清玄(きよはる)と名乗り、巨大企業ファントム社を経営している。
イギリスの名門貴族ファントムハイヴ家の末裔で、女王の命令により難事件を裏で解決するという任務を負っていた。
この任務と巨額の財産を、ある復しゅうに利用するため、“悪魔の執事”セバスチャンと契約。
セバスチャンは、汐璃が復しゅうを完遂するまで守り抜く代わりに、願いがかなった際には汐璃の魂を食らうという、究極の主従関係にある。

今作の舞台は、西洋と東洋の文化が入り乱れた2020年のアジア。
松橋真三プロデューサーは、「設定を考えたときに最初に思い浮かんだのが剛力彩芽でした。
強い瞳を持ち、少年のようなショートヘアが印象的な彼女が、まさに運命を背負い、男装して生きるという倒錯した世界で生きる姿を描くことでより一層、原作のもつエッセンスを強めることができるのではないかと自信を持っています」と起用経緯を語った。

[映画.com ニュース]
http://eiga.com/news/20130405/1/

ネットの反応(2ch/2ちゃんねる・twitter)

・黒髪ロングの巨乳美女役よりは

・固定客である腐女子の皆さんはこのキャスティングをどう捉えるのか

・黒執事じゃなくて黒歴史

・せっかくの久々の仮面ライダーカブト水嶋ヒロがもったいない。

・腐向けの作品でゴーリキ押しとか馬鹿だろw
どれだけ爆死するか今から楽しみだわw

ってかこの女、いくつの作品を焼野原にする気なんだ・・・

・堀北と上戸の男装はなかなか良かったけど
あれは腐御用達ドラマではなかったからなあ

・こけたら原作が悪いで逃げられるからドラマは楽だよな

・水嶋ヒロを後出しした方が良かったんじゃないかな
高まった期待がどんと地に落ちた感じ

執事といえば水嶋ヒロでしょ☆(ゝω・)v

( ´_ゝ`)剛力さんに対してはスルーですか・・

ドラマの感想ならドラマチャット!



関連記事


Tags: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">