恋愛禁止のAKBでスキャンダルを起こしたメンバーにファンは慰謝料を請求できるか?

2月 18, 13 • 恋愛, 芸能1 CommentRead More »

恋愛禁止のAKBでスキャンダルを起こしたメンバーにファンは慰謝料を請求できるか?

恋愛禁止のAKBでスキャンダルを起こしたメンバーにファンは慰謝料を請求できるか? 1x1.trans 芸能ニュース 

 

AKB48メンバーの恋愛スキャンダルが相次いでいる。
「お泊り愛」が報道された峯岸みなみさんが坊主頭で謝罪し、
世間をにぎわしたかと思えば、続けざまに柏木由紀さんの「深夜合コン」が報道された。

うら若き女性が異性に対し恋愛感情を抱くのはごく自然のことだろう。しかし、問題は
AKB48に「恋愛禁止」のルールがあるということだ。AKB48の熱烈なファンの中には、
彼女たちがこのルールを遵守していると信じて、応援している人も少なくないようだ。

柏木さんのスキャンダル発覚後、あるファンはCDなどのグッズを燃やしている画像を
インターネットで公表して話題を集めた。ファンの中には、少なからず精神的苦痛を感じた人もいるだろう。

このように精神的なショックを受けたAKB48のファンは、恋愛スキャンダルが発覚した
メンバーに対して、「信じていたのに裏切られた」として慰謝料を請求することが
できるのだろうか。好川久治弁護士に話を聞いた。

●「恋愛禁止」はAKBのグループ内部のルール

「AKB48メンバーとファンとの間には、直接の契約関係はありませんので、ファンが
メンバーに対して精神的損害の慰謝料を請求する根拠として考えられるのは、
不法行為にもとづく損害賠償請求(民法709条)ということになります」

まず、このように説明したうえで、好川弁護士はどのような場合に「不法行為」といえるのかについて、4つの条件をあげる。

「不法行為の成立には、
(1)メンバーの故意または過失、
(2)ファンの権利または法律上保護される利益の侵害、
(3)(精神的)損害の発生、
(4)1と3の間の相当因果関係の存在が必要です。
このうち、今回問題となるのは(2)の要件です」

つまり、ファンの損害賠償請求が認められるか否かは、ファンの「権利または法律上
保護される利益」が侵害されたといえるかどうかで決まるということだ。
好川弁護士は次のように続ける。

弁護士ドットコム

 

 

この記事をみた2chの反応↓

・ふざけんな、カネ返せ

・グループの恋愛禁止云々ってより
自分で「男と関わり無い」とか「365日追いかけられても撮られる事はない」
と本人が公言して煽りながら
グッズなど販売してるタレントとして商品の偽装表示と同じにはならんの?

▼ゆきりん

「365日追いかけられても、スキャンダル撮られることはないですよ(笑)」

・こういう悪意溢れる商売ってのも後味悪いよね

夢を売る商売は大変ですね

( ´_ゝ`)

ドラマの感想ならドラマチャット!



関連記事


Tags:

One Response to 恋愛禁止のAKBでスキャンダルを起こしたメンバーにファンは慰謝料を請求できるか?

  1. 匿名希望 より:

    もちろんこのようなスキャンダルが出てしまうことは残念なことですが、芸能人である以上、私生活に注意するしかないと思います。スタッフも、その辺の教育をしっかり頼む!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">